Company Profile 会社概要

技術の先端を見つめ、社会を照らす。

UML

近年、システム開発の開発資料として、UMLの使用が増えており、問題点が判りやすい形で表示されることも多く、開発効率を格段に向上させ、更に精度の高い成果物を提供することが可能になります。

「システム担当者の言葉は解りづらい」

上記のようなお話をお客さまから耳にすることがございます。
お客さまからの要求を正確に聞き出すことができず、双方に不満の残るプロジェクトとなった経験があることかと思います。そういう問題点を改善するのがUMLです。UMLは比較的簡単な表記法で、図ベースであることから、難解な専門用語を使うことはございません。それにより使用する側に対して、製作者側の認識をグラフィカルに掲示し、わかりやすくお伝えすることが可能です。また、UMLは国際的な表記法であるため、オフショア開発など多国間にまたがるプロジェクトでも問題なく適用できます。上記に記したように良質な製品をご提供させて頂くため、弊社ではほぼ全社員がOMG認定UML技術者資格試験ファンダメンタルを取得しており、企業としましても、UML教育研究所(UTI)にて「OMG認定ユーザープログラム認定企業」として認定されています。

http://www.umlcert.org/user/certuser.html

Ruby

Ruby Association Certified System Integrator Silverの画像

弊社にはRuby技術者認定試験制度により認定された技術者が在籍しております。

この制度はRubyを使用し、システムを設計・開発・運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度です。弊社ではこの試験に合格したエンジニアにより、高い水準のRubyによるシステム開発をすすめています。お客様によるRuby技術者との契約、及び開発委託に際しての、判断基準にしていただければ幸いです。

また、企業としましてもRubyアソシエーションにより「Ruby Association Certified System Integrator」として認定されています。

http://www.ruby.or.jp/ja/certification/sier/

若者応援企業

厚生労働省「若者応援企業」として宣言、認定されました。

2016年6月

株式会社ジェイテックは、厚生労働省が若者の採用・育成に積極的な企業として認める「若者応援企業」として宣言し、この度認定されました。
「若者応援企業」とは、一定の労務管理の体制が整備されており、若者のための求人を提出し、若者(35歳未満)の採用・育成に積極的であり、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を積極的に公表する中小・中堅企業として、厚生労働省が認めた企業です。

宣言・認定基準

  1. 学卒求人※1など、若者対象の正社員※2の求人申込みまたは募集を行っていること
  2. 若者の採用や人材育成に積極的に取り組む企業であること
  3. 以下の雇用情報項目について公表していること
    • 直近3事業年度の新卒者などの採用者数・離職者数、男女別採用者数、35歳未満の採用者数・離職者数、平均継続勤務年数
    • 研修内容、メンター制度の有無、自己啓発支援・キャリアコンサルティング制度・社内検定などの制度の有無とその内容
    • 前事業年度の月平均の所定外労働時間、有給休暇の平均取得日数、育児休業の取得対象者数・取得者数(男女別)、役員・管理職の女性割合
  4. 過去3年間に新規学卒者の採用内定取消しを行っていないこと
  5. 過去1年間に事業主都合による解雇または退職勧奨を行っていないこと
  6. 暴力団関係事業主でないこと
  7. 風俗営業等関係事業主でないこと
  8. 雇用関係助成金の不支給措置を受けていないこと
  9. 重大な労働関係法令違反を行っていないこと
  10. 青少年の雇用の促進等に関する法律施行規則第9条第5項イの事業主に属する事業所である場合は、取消しの日から3年以上経過していること
※1 少なくとも卒業後3年以内の既卒者が応募可であることが必要です。
※2 ここでいう正社員とは、直接雇用であり、雇用期間の定めがなく、
   社内の他の雇用形態の労働者(役員を除く)に比べて高い責任を負いながら業務に従事する労働者をいいます。

当社の活動状況

当社は、未経験の方を採用し、現時点では現場に配属するべく、OJT、教育を行っております。IT業界を希望しながら、未経験であるがために就労が叶わなかった方々を、私達はこれまでもこれからも応援していきます。

今後、株式会社ジェイテックでは、意欲ある若者の採用・育成により一層取り組んで参ります。

関連サイト